「ありがとう相続.com」は相続に関する疑問・質問・トラブル解決をサポートします。

サポート事例

ホーム > サポート事例 > 大阪府在住C様

ここから本文です。

大阪府在住C様

C様の父D様が亡くなられ遺産承継業務を受任致しました。財産はすべてC様がしっかり把握されていたので不動産の名義変更と、いくつかの預金の解約業務でした。

C様には妹が一人いたのですが亡くなられていたのでその子供達が法定相続人でした。法定相続分の割合で分配すればよいとD様の最終の面倒をみていたC様がおっしゃられていたのでもめることはなさそうでした。最後まで面倒をみるということは身体的にも金銭的にも大きな負担があるので他の世話をしていない相続人よりもたくさんもらいたいと思っている方が多いのです。

亡くなられていた妹は何度か結婚をしていて父親が違う子供が4人いらっしゃいました。3人は容易に連絡が付き皆様ご納得頂けたのですが、どうしても1人だけ連絡がつきませんでした。C様の協力を元に捜索した結果、京都の刑務所に収監されていることがわかりました。

ありがとう相続.COMメンバーの司法書士が、収監されている相続人に面会をしました。刑務官立ち会いのもと相続関係、財産の話など充分させて頂いてご納得頂きました。遺産承継業務の契約書や遺産分割協議書には実印が必要にはなりますが、印鑑証明書の取得が困難なため刑務所の責任者からの奥書(確かに本人が面前で署名した旨)を本人の実印に変える手続きで相続登記、遺産承継業務を完了致しました。

一覧

  • サポート料金一覧
  • ニュース
  • コラム